*

異常オッズの好例 – 単複ミスマッチ

公開日: : 最終更新日:2015/12/08 競馬オッズ


たまたま異常オッズに気が付いたので、例として紹介します。
(※紹介に使用するソフトは管理人が開発したものではありませんので、念のため)

一口に異常オッズといっても、その種類はいくつかのパターンに分類されますが、これからご紹介するのは単勝・複勝のバランスが崩れている分かりやすいパターンです。

9/22(月) 4回阪神5日10R 新涼特別 15時01分発走

以下、5番(アクションバイオ)の馬に着目してください。

9時の時点では、単勝・複勝ともに10番人気で、そう有力視されていないことが分かります。
単勝オッズでは、ちょうど断層の合間に位置しています。

阪神10R_単勝_0900
単勝オッズ(9時)
阪神10R_複勝_0900
複勝オッズ(9時)

次に、10時のオッズです。
単勝にはあまり変化はありませんが、複勝では断層が現れてきました。
とりわけこれといった変化ではありません。

阪神10R_単勝_1000
単勝オッズ(10時)
阪神10R_複勝_1000
複勝オッズ(10時)

以降、少なくとも午前の間はオッズにはほとんど変化はありませんでした。

次に、14時のオッズです。単勝は変わらず10番人気です。
複勝の方は、いきなり5番人気まで買われていることが分かります。

阪神10R_単勝_1400
単勝オッズ(14時)
阪神10R_複勝_1400
複勝オッズ(14時)

そして次に、発走5分前のオッズです。
複勝が、元の10番人気にまで戻っていることが分かります。

阪神10R_単勝_1455
単勝オッズ(14時55分)
阪神10R_複勝_1455
複勝オッズ(14時55分)

レース結果ですが、

単勝
12番 180円

複勝
12番 130円
2番 540円
5番 650円

と、5番の馬が3着に入っています。
(3連複も3連単も万馬券で高配当でした。)

このケースでは5番の馬が異常馬です。

異常オッズの特徴として、

・短時間に急激に票数が集まる。
・その後、別の票にまぎれて人気が低下する。
・オッズの断層近辺に位置する。

などを挙げることができますが、このケースは好例だと言えます。

ただし、これだけをもって単純に「インサイダー」が関係していたとは言えません。

朝の9時から10時の間に複勝の断層がじわじわと形成されたのは、やはりプロの予想家の影響もあると考えられるからです。

私の場合ですが、発走5分前にたまたま気が付いたので、とっさに欲が出て、5番の単勝と馬連総流しを購入してしまいました。
そのため、惜しくも外してしまいました。
この場合は、5番の単勝と複勝の2点買いをするべきでした。

関連記事

保護中: 異常オッズの好例 - 2016年1月24 中京12R 知立特別

2016年1月24 中京12R 知立特別 は異常オッズの好例でしたので紹介します。 このレー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑